ウエディングコラム「日々入魂」

金沢の結婚式場はドレス試着をするのに10,000円かかる!!!???

2017/06/04 < お客様の声ピックアップ契約までに知らないとヤバイ結婚式のお金の話結婚式耳よりなお話

昨日、ご来店のお客様からの情報です、
ご子息がご結婚の運びとなり、とってもおめでたい限りなのですが、ご両親は結婚式のことでは悩みをお抱えになっているとのこと。

なんと、結婚式は1年後なのにもかかわらず、ドレスの予約をして欲しいとのこと。
それも、ドレスの試着をするのに10,000円請求あるとのこと。その試着のドレスで予約決定されれば、その試着料(?)は不要になるとのこと。

同業としてその意味はわからなくもありません。
たぶん、結婚式場のドレスではなく、メーカーさんか直営以外の衣裳店さんのドレスでの試着なので、その流通経費をお客様にご負担いただこうという魂胆なのでしょう。
そういうことが通用すること自体「羨ましいような」気がしますが、ビジネスとして最も安易なやり方だと確信します。コストをきちんと想定して最終ユーザー(お客様)のコストを最小限にしないとビジネスとして支持されないと思いますが、、、、、

見方を変えれば、そのお客様がその結婚式場を取っても気に入られて、その会場で挙式するためなら、相応のコストを負担するという気持ちにさせられているということで、自分たちの一生に一回を表現するには欠かせない「とっても魅力的な会場」なのでしょう。
そのような「器」と「システム」を構築された会場さんには敬意を表したいとは思います。

ただ、結婚式をお挙げになって、最後にお客様の評価の基準は、「お二人の笑顔」「お料理」「ゲストの笑顔」「お二人との関係づくり」、そして「コストパフォーマンス」にあると思います。その中に、結婚式場の「器」としての完成度は直接リンクしないと考えるのですが、、、、

最後に疑問に思ったのは、1年前に決めたドレスは1年後体型が変わったらどうなるのでしょうか?
素朴な疑問です。
ちなみにしあわせ創庫ではドレスは挙式の3ヶ月前前後にご決定いただいております。

いずれにしても、「ステキなウェディングを達成する」ためにこれからも微力ながらも日々精進してまいりたいと思います。